げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS なっちゃんバイバイ

<<   作成日時 : 2008/08/26 17:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 18

今日、いつものDr.すーのところへ行ってきた。
すー先生はいつものように笑顔でおいらを迎えてくれた。

でも、母ちゃんは何となくすー先生の顔が曇っていたことにすぐ気がついた。
どうしたのかな?と思っていると、先生がポツリとつぶやかれた。

「・・・・・・うちのワンコが死んじゃってさあ・・・。」

「・・・えっ?ワンコって?」

「・・・・あの黒くてでかい奴さ・・・。」

「・・・・・もしかして、なっちゃん?」

母ちゃんはべっくらこいた。
だってついこの間まで元気な顔を見せてくれていたのだから・・・。

事態をようやく理解した母ちゃん、みるみる目が赤くなった。

死因は「腎不全」・・・。
もう、どうすることもできなかったそうだ。

先生は「自分が悪いんだ。もっとなつの事見ててやれば良かったのに・・・」と自分を責めていた。

なっちゃんは、元々保健所にいたワンコで、先生がなっちゃんが2歳の時に引き取られたそうだ。
それから4年・・・なっちゃんは6歳だった。

保健所にいたなっちゃん、6年という短い生涯を終えたなっちゃん。

なっちゃんの最期は先生が自分の病院でたった一人で看取られたそうです。

獣医なのに助けてあげられなかった自分をずっと責め続けて、ここ数日ろくに寝てないと言っていた。

「どこにいてもなつが出てくるんだ・・。なつの思いがいっぱいあって・・・。」

このなっちゃんは先生にとっても特別な存在だったようだ。

先生の子供が「なつに手紙を書く」と言って先生に代筆を頼んだそうだ。
(先生のお子はまだちっさくて、字が書けなかった・・・)

・・・・・・・・・・・・子供って、無邪気でいいよね。(-_-;)

先生は手紙の代筆をしながら、号泣していたそうです。
(そりゃそうだろう・・。火に油を注ぐようなものだからな・・・(ーー;))

大型犬が大好きな母ちゃんはなっちゃんをナデナデするのが好きだった。

人懐っこくておとなしかったなっちゃん。

母ちゃんが声をかけたらいっつも大きな体をくねらせて喜んでた。

おい、なっちゃん、お空の上は快適か?

先生、元気なくしてるから「元気出せ!」って声かけてあげてくれよな!!


「・・・・・・まだ4年しか一緒にいなかったんだ、俺達・・・。」


先生の最後に言った一言がとても悲しく、母ちゃんの心に響いた。



2008年、8月22日、金曜日、なっちゃん永眠。 享年6歳。

・・・・なっちゃん、バイバイ。 またな・・・・・。



               先生となっちゃん

画像




                お空にいるなっちゃんに
              ひとつにほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへポチリンコ
              先生の思いがお空に届きますように・・・。

               





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
先生、つらかったでしょうね…

でも、よくわからない私がこんなことを言うは
どうかと思いますが、なっちゃんは保健所から
先生の所に来ることができて、きっときっと
幸せだったと思います。

たしかに、早すぎるかもしれない。
でも、なっちゃんはきっと空の上で
先生、ありがとう。楽しかったよって
言ってると思います。

先生も、その話を聞いて目が赤くなった
お地蔵さんも、元気出してくださいね。

あやびっちゃ
2008/08/26 18:16
なっちゃんのご冥福をお祈ります。
え!6歳 早すぎるな・・・保健所にいてDr
の所に来たんだね。濃縮した幸せだったろうね。きっとそうだよ。
虹の橋では、たのしく仲間といっぱい遊んでるね。さようなら!
大吾パパ
2008/08/26 18:21
私も、なっちゃんのご冥福をお祈ります。
確かに6歳って短いかもしれないけど、年数は関係ないものね。
何年たっていても、別れは辛い…
この記事読むだけで、ウルウルきます。
どーも私は絵留とダブルので、恐いのです。
その時がいつか来る事を考えたくないし、けど、考えないといけないし…。

抽選会、元太君お疲れ様〜〜〜。
ご当選された方、おでとうです〜。
次回の旅はいつかしら…(^^ゞ
りん子
2008/08/26 19:52
そうなんですか。急なお別れは時間が与えられたお別れよりも苦しいでしょうね。
すー先生のなっちゃんへの思い。
保険所から先生の所に来た時の2歳のなっちゃんの思い。
私も手を合わさせていただきます。
なっちゃん、安らかにお眠りくださいね。
ゆたか(*´∀`)
2008/08/26 20:39
すー先生…元気だして(;_;)
…っても、時間が掛かるでしょうね。

大丈夫、虹の橋のたもとで笑顔で待っていてくれるから。
NONO
2008/08/26 21:13
なっちゃん、きっと幸せだったんですよ〜
保健所からDr.すーのお家にきて4年・・
毎日幸せだったはずですよ!!
最後は、Dr.すーがそばにいてくれて、Dr.すーのそばで安心して、天国に行けたんですね。

旅立ちは悲しいですね。
出会いがあれば、必ず分かれがあります。
生きていれば、避けられないことなのかもしれません。
どんなに愛を注いでいても、旅立たれた後、「もっと優しくしてやればよかった」
「もっと一緒にいてあげればよかった」
と後悔の気持ちは消えないと思います。
私たちはその気持ちを忘れずに、これからも愛を注いであげるべきなんですね。

なっちゃんの御冥福をお祈り申し上げます。
さや
2008/08/26 22:54
うちのアナンも2歳でうちに来ました
あと10年は一緒に居られるって思ってたけど、こんな別れもあるんですよね
一日一日を楽しく、悔いのないように過ごしていかなくちゃと改めて思いました
なっちゃん、先生を見守っててね
きょっぴー
2008/08/26 22:58
出会いもあれば別れもあるのは仕方がないことですが、せつないですね。私は、いっしょにいる時間の長さよりも深さだと思っています。…が、頭ではわかっていても、割り切れないのが人間というものなのかな〜。犬の本当の気持ちは犬にしかわからないけど、自分の精一杯の愛情を注げることに限界はないという思いを新たにしました。
モモ松
2008/08/26 23:24
お土産いただき胸が一杯でうれし泣きしながらなつちゃんのことを読みまた涙が。・・・・
天国に旅立ったなっちゃんサヨウナラ。


Y
2008/08/26 23:25
聞いているだけでも辛い出来事です。
腎不全どうしようも無かったんですね
でも愛するわが子を失う辛さわかります
お医者さんだから余計なぜ助けられなかったんだ〜って思ってしまいますよね。
でも愛されて幸せだったと思います
なっちゃんは天国で楽しく遊んでますね!
そう思いたいです。
かざふ
2008/08/27 00:28

とっても大きな出来事だね・・。
悲しいときは、ずっと悲しくお過ごし
どんよりとしていればいいよ。
そのうち・・
心の中のなっちゃんが背中を押してくれます。

なっちゃんよ永遠に(・〜・)
あんりこ
2008/08/27 09:35
辛いですね〜悲しいですね〜
6歳早すぎますね〜先生との4年間
なっちゃんは先生に感謝してたと
思いますし先生といられて幸せだった
でしょうね!きっといつまでも天国から
先生を見守ってることでしょう。
先生!がんばれ〜!

バンブー
2008/08/27 11:55
すー先生、お辛いでしょうね。
なっちゃんを抱きしめているすー先生はとても嬉しそうな表情されてます。愛する家族が突然目の前からいなくなるのは淋しいですし、悲しいですよね。
たった4年だったけれど、なっちゃんは幸せだったと思います。字が書けないのに、お手紙を書くと言ってくれる、優しい家族の中で過ごしていたのですから。
なっちゃんのご冥福をお祈り申し上げます。
黒柴りくママ
2008/08/27 17:31
普通
6歳だと
まだまだ元気な盛りですよね・・・
獣医さんでも助けられないのなら
天命だったのでしょうか・・・
うちは16年間一緒でしたから
まだ幸せだったのかな・・・
いずれにせよ
必ず来る別れと
分かっているがゆえ
いとおしさも増します。
こんな思いは
もう二度としたくないです。
いつの日か
自分が召された時は
「虹の橋」に愛犬を
迎えに行きたいと思います。
なっちゃんに合掌・・・
F*パパ
2008/08/27 17:43
あら〜。すーさんのなっちゃん天国に召されたんですね。なっちゃんは、幸せなわんこだね。
クターは、すーさんとなっちゃん似てるね。犬は、飼い主に似ると言いますが、本当に似ていますね。うまくいえないけど、元気だしてくださいね。この前のコメントの事ですが、グレープは、母親失格ですよ、自分のこと場かり考えて、この前、プリント見て行事思い出して、何も持たずにクターおくりだしたり等。かあちゃんのほうがりっぱな元太君のお母さんですよ。
クター&グレープ
2008/08/27 20:04
ショックが大きかったと思います。
6年の生涯だったなんて・・・。
先生も元気だしてくれるといいな。
だってなっちゃんも泣いてる先生を見たくないだろうし。
教訓にして、次は同じこと繰り返さなければいいと思う。
先生、がんばろうね!
だりりん
2008/08/28 01:40
皆さんからの励ましをいただきナツも私も元気をいただきました。ありがとうございます! 元気をだして診療に励みます。げんたのお母ちゃん、ホントにありがとう。
Dr すー
2008/08/28 08:16
皆様へ・・・。
たくさんの励ましのコメントありがとうございました。
先日、スー先生のところへ再度伺い、皆様のお声のこと、お伝えしてきました。
先生もとても感激されておられました。

すー先生からコメントいただいておりましたね。(*^_^*)

元太も先生のこと、大好きですよ。
こちらこそ、いつも元太を良く診てくださってありがとうございます。
また、いつもの元気な笑顔をお見せくださいね!!

今日もまとめてレスでごめんなさい!!
本当にありがとうございました!!
お地蔵さん
2008/08/28 17:32

コメントする help

ニックネーム
本 文
なっちゃんバイバイ げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる