げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 母ちゃんと愉快な仲間達

<<   作成日時 : 2009/09/27 16:51   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 19

この頃、おいらのブログが見れないという苦情が入ってきております。
全くもって原因がわかりませんが、ウェブリーの不具合なら夜になるとアクセスできないことが多いようです。
母ちゃんも携帯から見ようとしても見れない事が多いので・・・。

只今、何とかして見れるように原因究明中であります。

ご迷惑おかけして大変申し訳ございません( ̄ω ̄)




母ちゃんは基本、動物がどわい好きだ。

母ちゃんの家族もどちらかと言うと好きだ。

なので、母ちゃんは小さい頃から様々な生き物と暮らしてきた。

母ちゃんの記憶の中に残ってるのは、一番初めに飼い出したのが、先日の同窓会でも少し触れました鶏のピヨちゃんだ。

このピヨちゃんはお祭りの夜店で買ってきたのだが、それはもう可愛いヒヨコで、みんなずっとこのままなのだと思い込んでいたら、ピヨちゃんはあっという間に大きくなり、朝早く、夜明けとともに「コケコッコ〜〜〜〜( ̄▽ ̄)」とリアルに目覚まし時計の役割を果たしてくれるので、思い余った母ちゃん達は、近くの河原へピヨちゃんを連れて行き、解放してあげた。

・・・・・・正確には 「捨てた」 とも言う( ̄ω ̄)

残酷ではあるが、今思うとご飯のおかずとして食べてあげたほうがピヨちゃんにとったら幸せだったのかもしれない。

母ちゃんは幼心にも河原を自由に歩き回るピヨちゃんを見て胸が痛くなったのを覚えている。

ピヨちゃん、あの時は本当にごめんなさい・・・・(;_;)


そして、次はピンキーと言う白いウサギである。

このピンキーは近所に 「可愛いウサギ差し上げます」 と言う張り紙を見たじいちゃんがわざわざお迎えに行って貰ってきたウサギである。

あの時はみんなワクワクしてじいちゃんとピンキーの帰りを待っていたものだ。

なんせ 「可愛い」 と銘打っていたのだから・・・。

じいちゃんが連れて帰ってきたピンキーは、それはもう・・・・でかいウサギだった( ̄▽ ̄)

年齢的にもすでにかなりのばあさんであった事が見受けられた。

(軽く騙された感満載である(;∀;))

ピンキーはよくじいちゃんの足の指を咬んだりするとっても可愛いウサギだった(´∀`)

おからやニンジンを好んで食べ、正露丸のようなウンコをし、母ちゃんはそんなピンキーがどわい好きだった。

ある日、ピンキーとの別れは突然やって来た。

それはほんとにあっけない別れだった。

友達と遊んでいた母ちゃんはじいちゃんに呼び戻され、そこにはピクリとも動かないピンキーがいた。

当時、まだ動物霊園などなかった時代で、ピンキーは保健所の車だったかなんだかに、ゴミのように車に放り込まれたのを覚えている。

・・・・・ピンキー、あの時は本当にごめんなさい・・・(;_;)


そして次は、雀のチュンだ。

このチュンはまだ赤ちゃんで庭にあった洗濯機の下で小さな声で「ピーピー」泣いていた。

母ちゃん達はそれはもう大切に大切に育てたものだ。

いつしかチュンは成人し、そして、手乗り雀になっていた。

当時飼っていたインコの隣の鳥かごの中にいたチュンは本来ならば「チュンチュン」と鳴かなければならないところ、自分はインコだと思ったのかチュンはいつも「ビャービャー」と低い声で鳴いていた。


このままではいけない・・・誰もが思った( ̄_ ̄)


それから数日後、ごちそうであるハエを食する事を覚えたチュンは、みんなが見守る中、大空へ放たれた。

大空を舞ったチュンは一度、母ちゃん達の上を一回りしてから近所の神社へと向けて飛んでいった。


母ちゃんの家にはその他にも、一瞬だけ家にいた鳩や、手乗り文長のぶんちゃん、イタチに食われたであろうと思われる手乗りインコのブルーとキイコ、寒い冬に外へ出していたためきっと凍死したのだろう名無しのマウス達・・・
と割と可愛そうな運命を辿った生き物達が暮らしていた。


そんな中、母ちゃんにとって心の友となる、ビーグル犬のアンジー姉ちゃんと出会ったのだった。

(アンジー姉ちゃんについてのお話しは コチラ をどうぞ♪)

アンジー姉ちゃんがいなくなってから、母ちゃんの実家では生き物を飼う事はなくなったけど、今でも母ちゃんの心の中にはたくさんの思い出が残っている。

正直、思い返すとどの子達にも懺悔しなければならない思い出ばかりが脳裏をかすめる( ̄_ ̄)

今思うと、もっとみんなが生き物を飼うにあたって、ちゃんとした知識を持っていれば、もっともっと幸せに長生きしていたのかもしれない。

それでも母ちゃんの側にはいつも小さな命があり、その命と向き合ってきたことは良かったと思っている。


そして今、母ちゃんの隣にはおいらがいる。

おいらは家族の一員としてこれからも父ちゃんや母ちゃんと幸せに暮らしていくことだろう。

今まで見送ってきたたくさんの仲間達を思いながら・・・みんな(あの時は)本当にすまんね( ̄ω ̄;)




          今日のことば
画像




          いっぷく処にあるお座布団・・・。

画像



         その下には畳掘り名人の作品があった( ̄ω ̄)

画像



         おい、そこの名人・・・これ、やったのあなたですか?

画像



         さ、さあ・・・知りませんどす(´・ω・`)

画像





          たくさんの仲間に出会えて良かった!


        ゴミ収集車のゴミを食べようとして収集車の人に
        足で力いっぱい蹴られる夢の中に出てきた白いワンコ。

        あまりにもリアルすぎてうなされた母ちゃんに
        「夢で良かったな!」のポチ♪をひとつお願いします(^。^)

                 にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

                  にほんブログ村 ひとりごと
                 
画像



         いつもたくさんの応援ありがとうございます♪


        今日も御訪問くださりありがとうございました(*^_^*)


























テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
母ちゃんと愉快な仲間達
あんてなサイトにブックマークされました。 ...続きを見る
他力本願
2009/09/27 16:59

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
想い出の中にいるさまざまなコ達と、
それにまつわるほろ苦かったり、切ない思い出。
お地蔵さんさまもたくさん抱えてるんですねぇ。
だからこそ、元太さんとの時間が一層大切に
感じられるのでしょうかね。
ウチとこにも成人したウサギ(笑)がおいでになったことあるけれど、あっという間に野犬の餌食となって号泣したっけ。北見に住んでたガキンチョの頃だけどね。もちろん昭和(笑)。

元太さんトコの畳!あららららら。
それですか。件のおイタとわぁ。
ひゃぁ〜!ってナニに驚いているかというと、
本当の畳だってところ。←そこ違う(笑)。
だってだって、カレがホリホリしてダメにした畳は
すぐ板だったもん。バッタモンの畳だったんだ・・・。
やぱし、そちらはホンモノの畳なんだなぁ・・・。
元太さん、それ畳替えタイヘンだから、
お座布で隠れるくらいにしといたってね。
お利口ちゃんだからもうしてないかな。
畳ホリホリするとクズクズがすんごいよね(爆)。

うらりー
URL
2009/09/27 17:55
私も、動物好きなので、書かれている
動物がいたり、鶉なんかも、孵化して大きく
育てたことが、ありますが、そのときに
例えば、鶏、ウズラにも、たくさんの、種類
があることを覚えましたね
それに、大きくする難しさ、湿度、温度の調整
やっとのけましたが
今は、良い経験になっています
それにその種類にも、ファン(仲間)のブログがあったことも…
うずらにも、鶏のように、卵、爬虫類の餌だけでは
なかったんですよね
ブログ見てたら、家族のように、可愛がっているんですよね
みんな優しいですよね
心打たれます!
kuchanmama
2009/09/27 18:37
立ち読み、読み逃げ、覗き見をするんですが
いつもサクサク完璧に見られます。古いPCなのに。

お地蔵さんより、年が上で田舎だったんでいろんな動物がいたな。
鶏なんて5〜6羽庭で放し飼いだったですからね。
ほんと小さい時なんですが卵をそこらじゅうに生むんで探すのが大変だったな。お肉なんて滅多に食べられなかったんですが、可愛がってたピーちゃんが年を取り卵を生まなくなった時、番のおかずになったことがありました。その頃ものすごくショックで傷つき、1〜2ヶ月鶏肉が食べられなかった事を思い出しました。
ウサギからインコ、鳩そのほかたくさん飼いましたけど、必ず来る死の時は、泣き虫なんで良く泣いたな。

畳の穴、お店の畳でしょ?大吾でもそこまでやってませんよ。おとなしく可愛い顔して、ワイルドの悪の時もあったんだね。
大吾パパ
2009/09/27 18:44
ブログを開こうとすると・・・「エラーです」って出て消えちゃうことが(;-;)ウイルスかなぁ、と思ってウイルス検索したりしてみたんですが違うようで。
何回かトライすると開けるので大丈夫ですよ〜

私も動物だーいすきでして。ウサギにインコに金魚に・・・小学校では動物係ばかり。いつもニワトリ抱っこしてました(笑)
7歳になってすぐ突然死したパンチとは相棒のような関係で。よく似てるって言われて、母も私のこと「パンチ」って呼びまちがえたり(やっぱりうちだけじゃないんですね!、笑)
病気についての知識とか、もっと勉強するべきだったと後悔することもあるのですが、一緒に過ごした楽しい想い出は薄れることなくたくさん残るものですね(^^)大切な宝物です♪

アンジーちゃんとっても可愛らしいお顔ですね(^^)

畳掘りましたかぁ〜はでに掘りましたねー
元太くんもいたずらするんですね♪ほっとしました(笑)

URL
2009/09/27 18:47
うぉ〜っ やっと繋がった。1週間位繋がらなかった。「問題が発生しました」なんてエラーがでたら自分、不器用(アナログ)ですから対処できず。でもエラーがでるのはお地蔵さんとこだけだし・・・。まぁよかったよかった。
↓空港の出店 残念だったね。航空関係自体も今は厳しいみたいだからね。JALとかじゃるとかジャルとか・・・。まだいろんな可能性があるんだからがんばってください。おきばりやす。
昭和46年頃の思い出
@近所のおっちゃんが山に連れて行ってくれた。おっちゃんはハンター。散弾銃を構え「バーン」。野うさぎゲット。おいちかった。ごめんよ野うさぎさん。
A当時はどの家庭も当然のように鶏さんを飼っていた。ど田舎だから。家の前にはきれいな小川が流れていた。とーちゃんが鶏さんを川に。「泳がすの?」と思ったら絞めて解体していた。おいちかった。ごめんよ鶏さん。
同じ思い出でも随分違うね。
ごめんよお地蔵さん。
いっちゃん
2009/09/27 18:57
お地蔵さんが、今こうして元太君と
幸せに暮らしてるベースには、そういう
たくさんの命との関わりがあるのね。
アンジーちゃんの記事も拝見し、胸が
キュンとなりました。(;;)

そして、キュンとなって戻ってきた所に...
笑ってしまった...。(・・;
畳み掘り名人元太さん、イイ仕事を
されてますね。お見事です。
家のあず部屋は基本的に和室だけど、
あずが来る前に、粗相に備えて
フローリングのマットを敷いたの。
こういう危険もあったのね。
あぁ、ビックリ...。(^。^;;;;
あずき
URL
2009/09/27 19:37
お地蔵さん、こんばんは!
お地蔵さんの記事が開かない事はないけど、自分が記事作成中は、とんでもない事になってます。
写真のアップロード、次ページに変える度
記事が部分的に消えてしまったり・・・
早く、解決して欲しいですね〜( ̄‐ ̄#)

私も子供の頃から動物と暮らして来ました。
お地蔵さんの言うとおりです。
勉強不足で可哀想な思いをさせてしまった子が沢山います。
実家の母はマクシンを見る度に後悔の念にかられるのだそうです。
もっと色んな事をしてあげたかったと・・。
私はその度、注いだ愛情に変わりはない!って言うんですけどね〜(汗
お地蔵さんの記事を読んで私自身、今まで関わってくれた動物達教えられた事の多さに気づきました。
今また、わんこと暮らせるのも実家で飼った歴代の動物達がいたからだな〜と♪
ぽち。
2009/09/27 20:14
こめのゆかいな仲間・畳屋さんの若旦那マッキーにこっそりお直しを頼んでみましょうか(´゚艸゚)∴ブッ
若旦那は毎日毎日、店の前で退屈そうにあくびばかりしてますよ♪

みんな
たくさんの尊い命からたくさんのことを学んでいくんですよね(*^^)v
こめ母
2009/09/27 21:19
沢山の動物達と触れ合ってきたんですね〜
自分も子供のころは文鳥やインコなどを飼っていましたね〜文鳥は凄い悲しい思いがありすぎて語れないですね!

結婚してからは鳥さん、ハムスターを飼っていました
ハムスターが死んじゃった時の悲しさは今でも忘れられないですね!

わんちゃんは今のそらが初めてなので凄い悪戦苦闘していましたが今ではかけがえのない家族です
元太君と同じようにね(#^.^#)

どの命もとっても大切な命ですね!
かざふ
2009/09/27 21:47
あたしも子供の頃からずっと
いろんなイキモノと暮らしてきたよー。
犬3匹、ウサギ、猫、ハムスター、熱帯魚、リス。
田ウナギの「まさのり君」ってのも飼ってたし。
で、みんなそれぞれにやっぱり
ごめんよーって思うことがあったよ。
でもそこから学んだことは、いっぱいあると思う。
お地蔵さんと一緒だね。
ちなみに今は犬と夫を飼っています。

元ちゃんを疑うのはよくないよー。
だって本人は知らないって言ってるんだし。
信じようよ、元ちゃんを。
顔が完全にキョドってるけどね!!
やんぴぃ
URL
2009/09/27 22:39
ウチも小さい時からいろいろ居たね〜・・・
ワンコ達は特別だけど、やっぱ
ウサギのポポちゃんが死んじゃった時の
事は今でも思い出すとダメだす。。。

ピンキーーーー(T_T)

むーちゃんママ
2009/09/27 23:25
お地蔵さんだけじゃないです…
私もアクセス出来ないと言われました…
携帯からがアクセス出来ないみたいです(>_<)

大人になってから自由に飼えるようになり、飼った動物ばかりなので…
それでも不注意で、送ってしまうことになったハムスターの『てっちゃん』
ごめんなさいm(__)m
CHUBBY-GANG
2009/09/28 05:37
店のPCからは何事もなくアクセスできるんですが、家のPCからだとフリーズしまくります ヾ(。`ε´。)ノ ムキー!
今、奇跡的に繋がってます。

小さい頃はいろんな動物と触れ合って、その死にも立ち会って… そういう経験によって命の大切さを考える事がすごく大事だと思います。
ケンカするにしても道具を使わず素手でやることによって、殴るほうも手の痛さを感じ、殴られることでまた痛さを知る。他人の痛みを感じることができるようになる。
「 死んでも生き返る 」 なんて考える子供・人間がいなくなる事を切に望みます。
nak
2009/09/28 11:53
うらりー様
小さい頃なもんで結構無茶苦茶な飼い方してたんだと今になって後悔しております。
野犬の餌食・・・そう言えば、ピンキーも一度どえらい大きなワンコに追いかけられて危うく命を落としそうになったことありました。
側にいた私も恐怖のあまりチビリました(;_;)
もちろん時代は昭和です。

ははは・・凄い作品になってるでしょ。
もう、笑うしかなかったですね。
今でも油断するとホリホリするのでいつも監視しています(笑)癖なんですかね?
そうなんですよ〜、クズクズがすごくって、いつも文句こきながら掃除機かけてます( ̄ω ̄)

kuchanmama様
動物好きな方はほんとに大切にされてますよね。
育てるにもたくさん勉強されて・・・私にもあの時にそれだけの知識があれば・・とつくづく思います。
結構マニアックな人達がおられると思いますよ♪
勉強するには一番だと思います。

お地蔵さん
2009/09/28 14:58
大吾パパ様
見れるところと見れないところがあるみたいですね。
全く、どうなってるんですかね?

ぱぱさんもいろんな動物と暮らされていたんですね。
そうですか・・可愛がっていたピーちゃんを食ったんですね。でも、そうやって命の大切さを学んでいくんですよね(;_;)そんな映画があったっけ・・。
確か主役はブタさんだった。(悲)

ふふっ!このワイルドさは今も健在でござーます。
油断したらどれだけでもホリホリしますよ( ̄∇ ̄;)
お店なのに・・・新しい畳なのに・・ははは。

響様
何度もあきらめずにトライしてくださってありがとうございます。原因がわからないだけに手の施しようがありません。ほんとにすみません(;_;)

パンチさんとアンジーとは似たような関係だったようですね。
私にとっても大切な相棒でした。

>アンジーちゃんとっても可愛らしいお顔ですね(^^)

ありがとうございます♪よく似てるって言われました
( ̄∀ ̄)

イタズラするのを知ってホッとされるなんて・・なんで?( ̄∇ ̄;)全く悪がきでございますよ!

お地蔵さん
2009/09/28 15:08
いっちゃん様
一週間も繋がらなかったんですか?
ほんとにすみません・・(^_^;)

>エラーがでるのはお地蔵さんとこだけだし・・・。まぁよかったよかった。

おい、こらっ、おっさん、ケンカ売ってるんですか?
( ̄ω ̄)ちっ!

JALとかじゃるとかジャルとか・・・。ほんとに空港関係も大変みたいで、売り上げ悪いと即切られるのもあるみたいです。めげずに頑張ります!
ありがとうございます♪

随分食ったんですね。
昔は食料にするために飼っていたんですかね?
それが生きていくということなんですね(;_;)

あずき様
今思い出してもあの頃はほんとに可哀想なことをしたと後悔しております。
もっときちんと飼えたはずなのに・・・。

アンジーは今でもずっと私の心の中で生きてます。
(*^_^*)

うちの自宅の和室もこんな状態になりました♪
なので今はカーペットを敷いています。
フローリングにしたのは大正解ですよ♪
畳掘るのは、うちの元太だけのことかもしれませんが・・(^_^;)
お地蔵さん
2009/09/28 15:17
ぽち。様
私のPCにも問題があるのかもしれませんが、それはもう、ウェブリサイドの問題ですね!
クレームに行くべし!( ̄‥ ̄)=3

小さい頃、私は動物が怖くて苦手だったんですが、いろいろ飼い始めてから、いろんな生き物と触れ合うたびに動物が大好きになったんですよ♪
だからそんな環境で育ったことを嬉しく思います。
こうして今は側に元太がいてくれるんですからね
(*^。^*)
ぽち。さんのおっしゃるとおりですよ♪

こめ母様
やだ・・マジで?(///∇//)マッキーさんが直してくれるなら大歓迎だわ!!(笑)

出会いと別れは人とだけではないんですよね。
改めて感じました。

お地蔵さん
2009/09/28 15:25
かざふ様
文長の悲しい思い出・・きっととっても深く心に残る思い出なんでしょうね。
ずっと忘れないでいてくださいね。

うちもハムスター飼いたいなあ〜と思ってたんですが、寿命が短いと聞いて迷いました。

いろんな命との別れ、いつまでも忘れてはいけないことだと思います。

やんぴぃ様
田うなぎ??しかもなんで「まさのり君」(爆)
今度写真あったら紹介してくださいね( ̄∀ ̄)

この元太のうさんくさい表情見て疑うななんて思えますか?明らかに怪しいじゃないですかっ!
てか、元太以外に誰が掘ると言うんですか・・・。
( ̄∇ ̄;)ははは。
お地蔵さん
2009/09/28 15:32
むーちゃんママ様
おおおおおおお、ポポちゃん〜〜〜(;_;)
ピ、ピンキー〜〜〜〜(;_;)
ずっとずっと忘れないよ〜〜〜!!

CHUBBY-GANG様
ほんとに何が原因なんでしょうね。
私も夜になると携帯から見づらくなったりしてますよ〜〜。

ふとした不注意でとんでもない事態になることありますよね。
てっちゃん、可哀想でしたね(;_;)

nak様
・・・( ̄∇ ̄;)・・奇跡の御訪問ありがとうございます♪

ほんとにその通りですね。
生きているものたちの死に直面して初めて命の重さを知り、人を傷つけたことで人の痛みを知り、人に傷つけられたことで心の痛みを知る。
みんな経験して初めて気づくんですよね。
そうやって人はみんな思いやる心を持つはずなんですが・・・。
お地蔵さん
2009/09/28 15:42

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
母ちゃんと愉快な仲間達 げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる