げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 父への手紙

<<   作成日時 : 2010/02/21 14:04   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 28

お父さんへ・・・。


ちょうど20年前のこの日、あなたの時間が止まった時、私は人目もはばからずまるで小さな子供のようにワンワン声を上げて泣きました。

周りの人に「格好悪いから・・・」と言われても私は泣いていました。

あの時の私にはまだまだあなたが必要だったのです。



あれから今日でちょうど20年・・・・私達家族は今も元気で頑張ってます。



あなたがいないと何もできなかったお母さんと私のために、お兄ちゃんはしっかりとあなたの役目を果たしてくれています。

そうそう、お母さんはあなたがいなくなってから、大工仕事が上手くなりましたよ(笑)

いつもあなたが何でもしてくれたから必要なかったことなのに・・・人は成長するものですね。



私の中のあなたはいつも絵筆を片手に物静かに机に向かってる姿を思い出します。

「ただいま!」と言って帰って来ると「お帰り!」と返事をしてくれて、いつも私が一日の出来事をあなたに話すのが習慣でした。

あなたはそんなつまらない私の話しをいつも優しく笑って聞いてくれていましたね。


思春期を迎え、私があなたと距離をおくようになった時、お母さんから「お父さんが淋しがってるよ」と聞いても私は以前のようにあなたと話しをしなくなりました。

私がどれだけあなたに反抗しても決して大きな声を上げて怒ることはなかったけれど、一度だけあなたに頬をぶたれたことがあったっけ。

朝帰りをした時、あなたは一睡もしてなくて私の顔を見た途端、あなたは無言で私の頬を叩きましたね。

あの時の痛み、今でも心に残っています。

きっとあなたの手の平は私の何十倍も痛かったことでしょう。


いろいろあったけど、私は今、生まれ育った街から遠く離れた街で新しい家族と暮らしています。

子供には恵まれなかったけど、今の私は幸せです。

そして、あなたに教えてもらったことを今でも思い出しては自分自身に言い聞かせています。


「感謝の気持ちを忘れないこと」

「思いやりの気持ちを忘れないこと」

「誰かの助けになること」


いつだったか、「まあるいこころ」が出来上がった時、お兄ちゃんが 「この本には親父から教えてもらったことがいっぱい詰まってるな」 と言っていました。


知らない間にあなたからたくさんの事を教えてもらっていたんですね。



「ごめんなさい」と「ありがとう」を言えないままあなたは遠くへ行ってしまって、私はとても後悔しています。

なぜあの時、素直に謝れなかったのか・・・なぜあの時、素直に「ありがとう」が言えなかったのか・・・。


いつか私が年老いてあなたの所へ行くときが来たら、何十年分の思いを込めて「ごめんなさい」と「ありがとう」を言わせてくださいね。

その時のあなたはきっと私よりうんと若いままの姿なんだろうなあ・・・(笑)



お父さん、あなたは今どうしてますか?

あなたの大好きだったアンジーは側にいますか?

私達の笑い声は聞こえてますか?

私の思い、届いてますか?




あなたの娘で本当に良かった・・・ありがとう(*^_^*)



                       あなたの娘より




           今日のことば
画像




         じいちゃん、いつか会えるといいな。
         おいらの事も好きになってくれるかな。

         おいらもじいちゃんの教えのようにこの道を
         まっすぐ歩いて行くよ(^o^)丿

         ・・・・いや、いいよ・・・曲がっても(^_^;)

画像



         
画像





          空の向こうにあなたがいます。




         あっという間の20年、時代は変わったけれど
         時間が止まったままの父との思い出に
         「ずっと心の中にあるんだね」のポチ♪をひとつ
         お願いします(^。^)

        ランキングに参加しています♪ポチして頂くとお空にいる人へ思いが届きます。

                にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ

                 にほんブログ村 ひとりごと
                
画像



          いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

         今日も御訪問くださりありがとうございました(*^_^*)



           ネットショップはコチラから♪
           
画像


           携帯さんは コチラ♪




           ※お旅祭りに向けて頑張ってる我が八日市町の
            5人衆のブログです(*^。^*)

            おニューの見送り幕をお披露目されてます♪

            八日市町曳山子供歌舞伎


       






















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(28件)

内 容 ニックネーム/日時
お父様、
お地蔵さんが言えなかった言葉、
きっと全部わかってらっしゃいますよ!
「まあるいこころ」で元気をわけてもらった一人です。お父様ありがとうございます。

ミツルリのお母飯
2010/02/21 14:41
親孝行したい時に親は無し

でも、そばにいるとなかなか素直になれんもんです。いつも感謝の気持ちは忘れずにいようと、それだけは心がけていますけども。
いつもいてくれるのが当たりまえ。でも実は当たり前じゃないんですよね…

背中で語るお父さん。お地蔵さんはそんな教えを大事にされていますよ。ご安心を。
親父(うちの)。俺はあなたの教えを活かしていますかね? (´・ω・`)
nak
2010/02/21 15:29
お父様、空の上できっとお地蔵さんさまの奮闘ぶりを優しく見守ってくださってますよ^^。
先に逝ってしまった人々への悔いは、いつまでも胸に残ってしまいますよね。でも、だからこそその悔いを他の誰かには残すことがないようにして生きていこうと思うのかもしれないですね^^。できそうで、できないことだけどね。お地蔵さんさま♪のお父様、とってもステキな方だったんですね。アンジーちゃんと楽しくお花畑を散歩されていらっしゃいますとも^^、きっとね♪
うらりー
URL
2010/02/21 17:15
ジーンとしながら読ませて頂きました。
お地蔵さんの原点は、
お父様にあったのですね。

我が家は私の両親も夫の両親も
健康で健在です。
とてもありがたい事だと思っています。

私も今でも父には納得できない事があり、
反発する事もあります。
でも、自分の原点が父と母にある事を
30歳過ぎてから素直に
認められる様になりました。

結婚式のバージンロードも、
父と歩くのは躊躇したのですが、
後悔したくなかったので、
一緒に歩いてもらいました。
父は喜んでくれて、
今ではホントに良かったと思っています。

お地蔵さんは、お父様と早くにお別れして
しまったけど、
しっかりとその「こころ」が
お地蔵さんの中に息づいているのですね。

jasmine
2010/02/21 18:18
私は、思春期の時に、お父さんと別れました。
あの当時は、父への寂しさより、母の落胆ぶりが、すごく心に残っています。
考えたらもう30年近い前の事になります。
私が今いるのは、生をうけたお陰なんですよね。
本当にもっと感謝すべきなんだよね〜。
またまた改めて、反省と共に、元気が出ました。(^^)v
私から、お地蔵さん♪に「ありがとう」です!
りん子
2010/02/21 19:43
ゴメンナサイ!
なんだか涙が出てきちゃって上手く書けないけど
今のお地蔵さん♪を作ってくれたのはお父さんなのですね
素敵なお父さんです
うちの父も好き勝手今までやってきて・・・
でも父は父なんですよね〜
感謝しなくちゃいけないですね
天国のお父さんに感謝です
なんだかとりとめのない文章でm(__)m
かざふ♪
2010/02/21 21:28
20年前ですか・・
お父様、お若くして亡くなられたんですね。
作家さんだったのかな?
今のお地蔵さん♪のご活躍、喜んでいらっしゃるでしょうね。
私の父は、すっかり歳はとりましたが
お陰様で健在です。
「なるようにしかならないんだから、クヨクヨしても仕方ない」が口癖の父ですが、実は心配性で母には、色々言ってるみたいです(汗
私も朝帰りして、玄関前で仁王立ちされた経験ありです( ̄m ̄*)
「早く家に入れ!」と一言だけ言った父。
怒り過ぎて言葉がでないのかと思ったけど
今は判ります。元気な顔を見て安心したのだと。
父は表現するのが下手なんですよね〜
そのうちと思いつつ、親孝行らしい事も出来てない私。
反省しました・・。
お地蔵さん♪ありがとう☆☆
ぽち。
2010/02/21 21:58
涙で、最後まで読むのにとても時間がかかりました。
私が4歳の時に父が急逝したので、父の事はほとんど覚えていません。葬儀の時に「今日はお客さんがいっぱい来るね!」と喜んでいたそうです(罰当たり娘)
ですから今の私は母の影響が大きいと思います。気の強さは母に似たのかしら…。
母の教えは、今までも、そしてこれからも大切に思って守っていきたいです。
親って本当にありがたいですね。
黒柴りくママ
2010/02/21 23:53
20年か・・早いものなんだろうね。
記事の一言一言を
かみしめながら拝読致しました。
お父上のこころ・・
貴方の中にいらっしゃるよ(・〜・)v
あんりこ
2010/02/22 02:17
20年前というと、お地蔵さんが20代前半か半ばくらいでしょうか?
今の私の歳にもうお父さんがいないって考えると・・・
心細くて悲しくなります。
お父さまに“人望のある大人になりました”って
報告して差し上げて下さいね(*^o^*)
かすみ
2010/02/22 09:28
お地蔵さんの優しさは
お父様から受け継がれた宝ものですね。
お父様空の向こう側で
「まあるいこころ」あれはオレの本だ!
と言ってるかもです(笑
あ〜また泣かされちゃったなぁ。
うちの父ちゃんも27年前の2月に
空の向うに旅立ちました…
案外向うでお友達になってたりして(笑
ルーフィーおかん
2010/02/22 10:51
ミツルリのお母飯様
ありがとうございます。そう言っていただけると本当に嬉しいです(*^_^*)
父がいなかったら「まあるいこころ」は存在しなかったと思います。もちろん私もですが・・。
お地蔵さん♪
2010/02/22 11:15
nak様
そうなんですよね。側にいると当たり前に思ってしまってついつい見過ごしてしまいがちなことですよね。
でも、いつも心の中で感謝している気持ちがあるときっと何も言わなくても伝わってることと思います。

父には本当にいろんな事を教わりました。
何でもどんな事でも必ず答えを見出してくれて、今の私があるのは父のお陰だと言っても過言ではないと思います。それほど私にとって父の存在は大きなものでした。

nakさんの優しさはお父様ゆずりなのでしょうか?
お父様に限らず、親御さんの教えは知らない間に子供達が受け継いでいるものだと思いますよ♪
お地蔵さん♪
2010/02/22 11:23
うらりー様
優しいお言葉をありがとうございます♪
ほんとに、これからも悔いのないよう毎日を大切に過ごしていけたら・・・と思います。
それが父が私に残してくれた最後の教えなのだと思います(*^_^*)

はい!父は自慢の父でした(笑)
入院している時、朦朧とした意識の中でもアンジーとお散歩している夢を見ていたことがあったようで「アンジー、アンジー」とウワゴトを言っていましたから。
きっと毎日お散歩してますよね?

お地蔵さん♪
2010/02/22 11:30
jasmine様
両親がいるから今の自分がいるのだとつくづく思いますね。そして、いつの間にか親の思いや心をちゃんと受け継いでいるのだと知りました。

バージンロード、お父様には一番の嬉しい出来事だったんだと思いますよ(*^_^*)
私は叶わなかったけど、結婚式には母が父の写真を持ってきてくれていました。
父親にとって娘ってどうやら特別な存在みたいですね。

これからもどちらのご両親も大切になさってくださいね♪
私も父から受け継いだ教えを大切にしていきたいと思います。ありがとうございます。
お地蔵さん♪
2010/02/22 11:37
りん子様
10代の頃にお父様を亡くされたんですね。
それは悲しみも深いことだったと思います。
お母様もまだまだ子育ての最中でしたからきっとどれだけ悲しまれたことか・・・それでも今、こうして元気でいられるのはそんなお母様のお陰でもありますね。
私も同じです。今、元気でいる母を大切にしないと・・・と思います。
お地蔵さん♪
2010/02/22 11:43
かざふ♪様
なんだかすみません(^_^;)

うちは特別父と仲が良かったほうかもしれないですね。本当にいろんな事を話してはいろんな事を教えてもらってみんな私の心に残っています。

どこの家庭も息子って何かと父親には反発するものだと思いますよ(^。^)でも、一番良く似るんですよね(笑)
どんな時も感謝の気持ちを忘れなければそれでいいかと思います。どうぞ、大切になさってくださいね。
お地蔵さん♪
2010/02/22 11:48
ぽち。様
父は私が23歳の時に亡くなりました。若かっただけにみんなに惜しまれつつこの世を去った父です。
父は着物の草稿(図案」を描く仕事をしていて、いつも家にいました。そんな父を見て育ってますから、私も今、こうして絵を描いたりしているのかもしれませんね。

父親にとって娘って特別な存在なのだと今になって思います。ほんと、なんであんなに心配かけてしまったのかと後悔ばかりが残ります。
ぽち。さんが元気で笑顔でいてくれるだけでお父様にとっては一番の親孝行だと思いますよ(*^_^*)
お地蔵さん♪
2010/02/22 11:56
黒柴りくママ様
私の思い出話に涙を流してくださりありがとうございます(;_;)

幼い頃に亡くされてらしたんですね。
記憶がないのも仕方がないですよね。
お母様が女で一つで父親代わりもして子供達を育てあげるのは本当に大変だったことと思います。
知らない間に強くなられていたのかもしれませんね。そんなご苦労をされたお母様に育てられたりくママさんですから優しく強い母でいられるのだと思います。素敵なお母さんですよ!
これからもお母様の教えを心に、お子様達を見守られていってくださいね!
お地蔵さん♪
2010/02/22 12:03
あんりこ様
ほんとにあっという間の20年でした。
父親がいなくなってから生活が劇的に変化しましたから・・・。ほんと、生きていたらどうなってたかと時々思います。

ありがとうございます。
そう言っていただけて本当に嬉しく思います(*^_^*)これからも父の教えを胸に頑張っていこうと思います。
お地蔵さん♪
2010/02/22 12:07
かすみ様
私が23歳の時に亡くなりました。唯一心残りなのが私の結婚式で「娘よ」を歌うことができなかったことかと思います。
私も父親には花嫁姿を見てもらいたかったですね。
はい!「ウンコがたくさん出るようになりました!」って報告したいと思います(^o^)丿
お地蔵さん♪
2010/02/22 12:11
ルーフィーおかん様
確かに・・・父親の教えがそのまま私に乗り移って出来た本だと思います。
「印税の半分はお父さんのやで!」とか言ってるかもしれないですね。てか、印税とか入ってないし・・(笑)

20年前と27年前・・それほど年数は違わないんですね。
もしかしたらおかんさんのお父様とうちの父が出会って意気投合して「なんやブログっちゅうもんやってるらしいで〜。お互いの娘同士引き合わせてみましょか?」言うてお友達にさせてくれたのかもしれませんね(笑)嬉しいご縁ですね♪
お地蔵さん♪
2010/02/22 12:18
ごめんなさい思いっきり出遅れたよ(´-∀-`;)
心がいっぱいになり泣いてます。。。
お父様 早くに逝かれたのですね。
色んなことあって大変だったことと思いますが
お父様の意志はお地蔵さん♪に受け継がれてますね。
思いやりや優しさも全て お父様やお母様から受け継がれたものなんですよね。
とっても愛されてたんですね♡
その想いがわかるから 人にも愛情注げるんですよね。
素敵なお父様だったんですよね〜お地蔵さんの中にずっと生きておられるですよね。

↓私もオネエマンの選手に反応してました。
いや〜〜ん!しぐさもそうでしたよね?゚+。ゥフフ(o-艸-o)ゥフフ。+゚


さくらん3割引き
URL
2010/02/22 13:14
あたしが父親を亡くしたのも、たぶんお地蔵さん♪(←コレ忘れそうになるっつーの)と同じ年頃かなあ。
弟は父親に優しかったので、父親が亡くなったとき心から「ありがとう」と思えたそうです。
でもあたしは反抗ばっかりしてたので、「ごめんなさい」しか出てこなかった。
それがすごく悔しかったな。
だから今は誰に対しても、いつでも心から「ありがとう」って思えるように、大切に生きていきたいなって思ってます。
それが父親の死からあたしが学んだことかなあ。
お地蔵さん♪のお父さんとうちの父親が空の上で出合って、お互いの娘を自慢しあってると楽しいな。

「あんたの娘さん、またウンコウンコ言うてまっせ」
「あんたの娘さんは旦那さんをパーでどついてますがな」

・・・素敵。
やんぴぃ
URL
2010/02/22 13:26
さくらん3割引様
全然出遅れてないですよ(´∀`)優しい涙をありがとうございます(;_;)
はい。私は両親からいろんなものを学び、今の私があるのだと思います。これってとっても恵まれてることなのだと実感しました。
皆さんもそうだと思いますが、知らない間に親から教えてもらったことを実際に言葉にしたり、行動したりしているのだと思います。
さくらん3割引さんもきっと素敵なご両親なんだろうなあ・・・て思います(*^_^*)

ですよね!!絶対オネエマンですよね!!
(//▽//)あの手の振り方で確信しました(笑)
お地蔵さん♪
2010/02/22 15:21
やんぴぃ様
ははは。♪忘れますよね。私も大概面倒臭く思ってます(笑)

やんぴぃさんのお父様も同じ頃に亡くされてたんですね。私も父が死んだ時父に手紙を書いたけど
「ありがとう」って言えなかったかも・・・。
今もただ後悔ばかりが残っています。
お父様が教えてくれたこと、大切に思うやんぴぃさんはきっとクウスケさんにとっても、頼もしいお父さんになってますよ!( ̄▽ ̄)あれ?

・・・ほんと素敵。

てか、その会話自慢話じゃないですよね( ̄ー ̄;

でも、マジで気が合ってたりして(笑)
ありえるだけにおもちろいわ〜♪
お地蔵さん♪
2010/02/22 15:36
こんばんは。
ぱぱが出張中で思いっきり夜更かし中の
あずままです。

先日はお父様の命日だったのですね。
20年前...。
早くにお父様が旅立たれ、どんなに
お地蔵さんもお辛かったでしょう。
心中、お察しいたします。

優しい娘さんに育ったお地蔵さん♪
お父様、きっといつも見守って
いらっしゃいますよ。
「さすが、私の娘だ♪」て、天国で
喜ばれている事でしょう。

私も10年前に母を亡くしましたが、
伝えられなかった言葉が山程です。
きっと未だに、頼りない娘を心配して
いるのかも...。
昨日の朝、何故か母と冷蔵庫の夢を
見ました。
慌てて、冷蔵庫整理を行った私です。
(^_^;
あずき
URL
2010/02/23 03:00
あずき様
レスが前後しましたが早く寝てください。自由すぎます(笑)

私もまさかこんなに早く父親との別れが来るとは思っていなかったです。
でも、仕方のないことですよね。
父の娘として恥ずかしくないように生きていかないと・・と思っています(*^_^*)ありがとうございます♪

お母様を亡くされたんですね。
母親はまた娘にとって特別な存在です。どれほど悲しい思いをされたことか・・胸がキュンとなります(;_;)

・・・・( ̄∇ ̄;)・・・お母様、ずっと見守ってくださってるんですね!
冷蔵庫かあ・・・(笑)

お地蔵さん♪
2010/02/23 14:27

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
父への手紙 げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる