げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 命のカウント

<<   作成日時 : 2008/10/24 13:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 36

こぅら〜〜!!この間買った超激安のレインウエア〜〜〜!!
撥水加工のプレート付いてたのに、今朝の散歩に着ていったら、雨粒ひとつはじかへんかったやないか〜〜!!

どうなっとんじゃこぅら〜〜〜!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・スコッチガードしよ・・・・。(;ω;)



昨日、ニュースで「動物愛護センター」の特集をやっていた。

いつものことだが、このての番組は胸が詰まる。
悲しみと怒りとやりきれない思いとで胸がいっぱいになる。

人間に捨てられ、野犬化したワンコたちがセンターの人達に連れていかれる。
おいらと同じ柴ワンコは首輪をつけたままだった。


ある夫婦が紙袋の中に一匹のワンコを入れてセンターにやってきた。

センターの人が「もう一度考えなおしてくれないか」とその夫婦に言って引き取りを断った。

すると、その奥さんが 「え〜〜〜、なんで?引き取ってくれないの?」

奥さんは再度、センターの人に引き取ってもらえるよう頼みにきた。

センターで動物達の世話をしている獣医さんが 「この子に新しい飼い主がみつかる保障もないし、なければ殺処分されますがいいんですか?」と聞いた。

するとその奥さんは待ってましたかのように平然と 「はい、かまいません」 と一言言った。

紙袋に入れられていたワンコはひきづられるようにしてセンターの中へ連れられていった。

センターには廊下をひとつ隔ててワンコの入る部屋が向かい合ってある。

片方は、まだこれから里親を見つけてもらえる元気なワンコ達がいる。
この子達にはまだ希望の光がある。

そしてもう片方は、病気や怪我できっともう貰い手がないだろうと判断されたワンコ達がいる。
この子達に待っているのは悲しい最期である。

どちらにしても、センターに連れてこられた時点でワンコ達の命のカウントダウンが始まるのだ。

身勝手な人間達によってワンコ達の命まで捨てられてしまう。
捨てられた命は懸命に生きようとしているというのに・・・・。

母ちゃんがおいらを抱きしめ、おいらの胸に耳を当てた。

「トックン、トックン・・・・」 

母ちゃんは泣いていた。
おいらを抱きしめながら泣いていた。


全国の「動物愛護センター」には年間約37万頭のワンコやニャンコ達が保護される。
そのうち、約34万頭の尊い命が殺処分されてしまうのだ。

もし、あなたが人間ではなくてこのセンターにいるワンコやニャンコだったら・・・・。

あなたは何を思いますか?



               今日のことば
画像




               たくさんの命、生きています。

画像


画像


画像


画像


画像




                  たくさんの小さな命に
                ひとつにほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへポチリンコ
                いつも応援ありがとうございます(*^_^*)



                *只今、母ちゃんオリジナル手描きのカレンダー
                 (2009年版)申し込み承っております。(#^.^#) 

                 詳しくは こちら まで・・・。















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(36件)

内 容 ニックネーム/日時
人間ほど自分勝手な動物はおりませんな!
愛情もって飼った動物が死んでもかまわない!
なんて冷たい心の持ち主に動物を飼う資格は
ないですよね〜
でも、毎年沢山の動物達がかわいそうな思いを
してるのは事実なんですよね〜
いつもこうゆう問題に直面すると思うのですが
何もして上げれない自分がいてとっても
歯がゆいんですよね〜。
バンブー
2008/10/24 13:31
本当に悲しいことですね…。
どうしてこんな可愛い生き物を捨てることが平気で出来ちゃうのかなぁ。
人間は素晴らしい生き物なのに、どうして弱い生き物を守ってあげられない人がいるのかな。
動物愛護の問題はいろいろあるけど、大きな問題だと個人では解決できるものではないですよね。
でも、今目の前にいるワンコくらいなんとでもできるでしょうに!
げんたさんもひかいちもワンコだけど、そんなひどい人間よりよほど人間らしいわね!!!
ぴろこ
2008/10/24 15:11
本当に辛い話です。
外国のように、購入の仕組みも考えて欲しい。
動物…人間も一緒のはずが…
平気でいられる事が、なんとも言えません。
何も出来ない自分も辛いです。
りん子
2008/10/24 16:06
本当にひどすぎます。
どうして捨てられるのか・・・解らない。
動物だって、一生懸命、生きようとしているのに・・・
もしかしたら、人間が一番残酷な生き物なのかなって思います。
捨てる人は、どうして飼ったんでしょうね?
動物を捨てちゃう人
子供も捨てれるんですかね?
なんだか、とっても悲しいです。
nao!
2008/10/24 16:13
私が犬だったら。
“じゃあ連れて帰ってよ”って思います。
見て涙を流すだけならやっぱり何の解決にもならなくて(ノ_・。)
誰でもセンターから引き取れるわけじゃないから
もう少し里親の条件緩めてくれれば・・・
って、私は自分勝手にもそう思いますが
番組を見てどうにかならないかと心を痛める人全員が
動物をお迎えする前に一度でも
センターに問い合わせしたのかなという疑問もあります。
こればっかりはご縁なので、良い出会いがないことだってあると思うけど
番組の趣旨は“命を大切に”という呼びかけと同時に
“ここにも命がありますよ”っていうSOSでもある気がします。
私も気持ちばかりで今は役に立てない人間です。
余談ですが、メロンちゃんは必ず幸せになります(*^_^*)
かすみ
2008/10/24 17:35
見た!見た見た!!
あんなん、モザイク入れる必要あらへん(`◇´)
どばっ!と顔を写したったらエエねん!

子供が飽きたぁ〜!?
最初から『電池の犬』買うといたれ〜!!(○`ε´○)

引き取る時に、講習受けて、一筆書いとるやろ…
子供のしつけからやり直せ!!

も一つ、チワワ17匹!
あれ、きっとワクチンとかも打ってないやろう…
避妊手術もしてないやろうで、近親交配もしたる気がする…(あの毛色ばっか…)

生きとるもんには金も掛かるし、世話もしたらんならんねん…

ペットブームに便乗して、要らん事しーが、まだまだよーさんおる…(´;ω;`)
CHUBBY-GANG
2008/10/24 18:48
紙袋って・・・どうして引き取ってくれない
のって・・・
心が震えてしまうくらい悲しいです(涙)
何か厳しい措置を執らないと身勝手で悲しい
状況は変わらないと思いますよ。
処分だけでなく、実験に使われる動物も
悲惨です・・・目薬の開発の為のものだった
かな・・・犬や猫が首を固定されたまま
横一列にズラッと何十頭も並べられ、目は無
理やり開けさせたまま薬品を点眼されてる写
真・・動物愛護の方が『ペットを捨てないで
ください!!』訴えてました。
他にも残酷な写真が沢山・・本当に悲しい事
です。
お願いだから捨てないで!!!

koko
2008/10/24 20:04
あららら。
撥水加工の文字信用できないね。
それにしても、いまだに、わんこ、にゃんこを、保健所に平気においていくなんて。最後のメロンちゃんの、悲しそうな瞳に胸が詰まります。人間が1番残酷な生き物に思えるね。
弱い動物守るのも人間なのに。{%寂しい(チカチカ)
hdeco%}中には、メロンちゃんの、飼い主さんのように良い人もいますしね。
クター&クレープ
2008/10/24 20:13
動物ちゃんたちのコトを、真剣に相談したり話したり語り合ったりできる大切な友達が、
「諭吉はあんたと出会わんかったら、2回捨てられた。」と笑って話してくれます。
それだけで涙がでます。
友達にも。諭吉にも。感謝。ありがとう。
会えてよかった。
お嫁に来たお家には、15年前に保健所から連れて帰ってもらったワンコがいます。
毛はクリンクリンで、眉毛?はモッサモサです。
散歩は毎日2回。おやつも食べます。可愛がってもらって長生きの元気っ子です。
こうゆう家庭もある。
ここにお嫁に来れたことにも感謝。
迷子ちゃんがいたら、必死に里親探しを手伝ったり走り回ったり。可愛がってお世話をして。大切な命を大切に守ろうとする立派な友達に頭がさがります。
動物ちゃんたちに、動物ちゃんたちのことを心配してる人間もいることが伝わってもらいたいです。
そうゆう人間たちもいる事実が伝わって縁になってほしい。
ゆたか(*´∀`)
2008/10/24 20:43
心が痛くなっちゃいます。
という私も、捨てられる子がいることも
里親制度のことは知ってはいました(知識として)
でも…
そらを迎える時に、捨てられた子たちの里親制度の
ことをまったく思いつきませんでした。
最初の子は捨て犬出身ママの子供を迎えたの。
海人は近所で生まれた子。
ちゃんと?購入という形は初めてでした。
そらを迎えることが決まってから、柴犬は初めて
だし、時間がたくさんあったからいろいろ調べて…
(ぐうたら専業主婦なので)
後悔もしました。
でも、私が今できるのはそらと一生一緒に
大切に暮らすことだと思っています。
それしか出来ないから。

私は、その番組は見ていませんでしたが、
連れてくる人たちに聞いてみたい。
「その子を自分の手で命を絶つことができますか?」と…
実際手を下していないと思っているのかも
しれないけれど、実際はそういうことだって
わかっているのかしら?と思います。
出来ると言われたらもう、どうしようもないけど。

あやびっちゃ
2008/10/24 22:08
今日のブログを読んで、鈴の顔が思い出されました。
なんでだろう・・命の重さを知らないのか?必要か必要じゃないかじゃないだろうと気持ちが物凄く切ないです。最後はそこへ頼めば・・じゃない。
ペット達は、物じゃないのに・・悔しいと怒りが込み上げて来ます。躾は大変ですが、そばにいてくれるだけでもどんなに大切な存在か・・
一生懸命生きているだけなのに・・
鈴母
2008/10/24 22:27
ほんとに情けなくなりますよね・・・
捨てる人はどんな心持っているのか、、、
そして何も出来ない私、、、
動物の方がまだいい魂持っていますよね。
命を何だと思っているんだろう。
悲しいかな、日本はまだ「物扱い」ですもんね・・・
しかし、悪い人達には必ず「因果応報」、
何か起こると思っています。

昨日はネットのニュースで見たんですが、、、
中国では「犬の整形」が流行だそうで・・・
パンダにしてみたり@@
犬は犬だろう!!
中国内でも賛否両論あるみたいですが、
世界中から「虐待ダメ!!」ってこっぴどく叩きのめされればいいのに。
またこういうニュース見て、一部のおバカさん達がマネしないといいけど・・・

あはは、レインコート。
うまい話には穴がある、ですかね^^;
今回は悪地蔵さんの登場なくて残念。
「おまえなんかプゥ〜じゃ」を再び(笑
うめこぶちゃ
2008/10/24 22:45
私は犬を飼うのはりくが初めてです。
どこから我が家にお迎えするか話し合い、あるブリーダーさんに電話をしたところ、家族構成を聞かれ、「ご家族全員が犬を飼う事に賛成していらっしゃいますか? 一人でも反対される方がいらっしゃる場合はお譲りする事はできません。」と言われました。この一言でここは信頼できる!! 犬の事を大切に考えているのだと勝手に思いました。 りくと出会えて本当に良かった。りくを迎えてなかったら、きっとお地蔵さんとも出会う事はなかったと思います。 まさに出会いに感謝ですね。
犬だけでなく、命を大切にする事のできない人は心の貧しい可哀想な方です。いつか罰が当たると思います。
レインコート、早くスコッチガードしてくださいね♪
黒柴りくママ
2008/10/24 23:04
昨夜茶ママもニュ‐スの中であったの見ました…柴チャン…紙袋に入れられたジャックラッセルみたいな子…顔が頭から離れませんでした(;_;)ジャックラッセルに似てた
その子が飼い主の所にいたのは…何ヵ月…何の為に生まれて来たのか…その飼い主!!の言葉!人間じゃない!鬼!命を粗末にする飼い主には!必ずその報いが来る!と思ってます…捨てられた犬にはブルドックやラブ…飼い主に放置されて白内障になり歯はボロボロになったミニチュアダック…涙が出て止まりませんでした…近くだったら1匹でも引き取りたい!人間の身勝手と無責任によって失われる命…少しでもなくなる事を祈ります(;_;)
ちゃちゃこ
2008/10/24 23:22
2度目でごめんやっしゃ(>_<)
私は番組を見てないんですが
紙袋のワンちゃんに関しては無事です。
千葉県のボランティアさんに引き取られ
現在里親さんを募集してるそうです(*^_^*)
良いご縁がありますように!!!
かすみyo
2008/10/24 23:54
ダメだ〜番組を見ていないんですが記事を見ているだけで胸がつまります。
目がウルウルしちゃいました(男のくせに情けない)
なんで簡単に飼って簡単に捨てていくんでしょうね
ちゃんとした命があるのに、大切な命なのにって思います。
かざふ
2008/10/25 00:35
数の多さに胸がふさがれました。
自分に出来る事って泣く事だけなのが情けないです。
今命の大切さが忘れられている気がします。
皆が優しい気持ちになって欲しい。
Y
2008/10/25 01:52
私は見てなかったです。
でもひどい話ですよね。
どうして自分の子供を捨てられるのかしら?
命をどう思っているのかしら?
一緒に暮らすと決めたら最後まで責任をとってほしいです。できない人はわんこ・にゃんこと暮らす資格なしです!!
私は数年後柴わんこと暮らす予定ですが、センターから里子をもらってこようと旦那と話をしています。
それまでに、捨てられるわん・にゃんが減っていますように・・・

”撥水加工”要注意ですね!!
ちょろ
2008/10/25 09:15
バンブー様
私もいつも思うことです。
ただ泣くだけで私には何もしてあげられなくて、そんな自分がとても恥ずかしいです。(;_;)
お地蔵さん
2008/10/25 13:20
ぴろこ様
そうですね。
今目の前にある命だけでも大切にしてほしいですね。
子供のいない私にとって元太は家族であり、可愛い一人息子です。
そう思うとこんな酷いことできないですよね。
みんなみんな命あるもの、生きる意味があるんですから。(;_;)
お地蔵さん
2008/10/25 13:27
りん子様
この特集でも紹介されてましたが、イギリスでは日本より多く捨てられたワンコ達を里親の元へ引き取ってもらえるようなシステムになっているそうです。
かわいそうな子達がこれ以上増えないようにみんなが同じ思いでいられるといいですね。

お地蔵さん
2008/10/25 13:30
nao!様
今はペットではなく、家族の一員となりつつある現代でもまだまだこんなに悲しい現実があると思うとほんとに胸が詰まります。
人も動物も同じ命。
自ら捨てたり、殺めたりなんてとんでもないことです。
こういう人達には特に命の重さを知ってもらいたいものですね。
お地蔵さん
2008/10/25 13:35
かすみ様
私は元太と暮らすようになってからこういう番組をよく観るようになってセンターのことなどを知りました。恥ずかしいことです。(;ω;)
もし、また次に新しく家族を迎えることができるならまずはセンターに足を運んでみたいと思います。
今の私にできることといったらこれ位しかないですから・・。

メロンちゃんやハナちゃんを見るたびに嬉しくなります。(;_;)
お地蔵さん
2008/10/25 13:42
CHUBBY-GANG様
言いたいこと全部言っていただきましてありがとうございます。(涙)
あの御夫婦はなぜあのワンコを捨てに行かれたのでしょうね。理由を聞いたらもっと許せなくなるかもしれないです。(;ω;)

チワワ・・ありえません。(-_-;)
どこのどいつだ!!
いいかげんにしてほしいものです。
怒りを通り越して悲しくなりました。
お地蔵さん
2008/10/25 13:47
koko様
こんなに悲しいことが現実にたくさんあるんですね。
動物実験の話や写真は聞けないし、見れません。
私達の薬が開発されるために動物が犠牲になってる現実にただただ胸が締め付けられます。
小さな命、大切にしてください・・・。

お地蔵さん
2008/10/25 13:52
クター&グレープ様
人間が一番残酷・・・そうかもしれませんね。
動物は自分の家族を守ることしか知らないけれど、人間は家族を殺める術を知っています。
この違いはとても大きなものだと思います。

メロンちゃんを見るたにに嬉しくなります。
お地蔵さん
2008/10/25 13:55
ゆたか(*´∀`)様
人を信頼して生きてきたワンコやニャンコたちが、なぜ捨てられたのかわからないまま悲しい最期を迎えるのかと思うとやり切れません。

ゆたかさんのお友達はほんとに素敵な方ですね。
なかなかできることではないですね。

そして、嫁ぎ先のワンコさんはほんとに幸せなワンコさんですね。
少しでもこのワンコさんみたいに人の優しさ、温かさを知るワンコさんが増えてほしいと思いました。


お地蔵さん
2008/10/25 14:09
あやびっちゃ様
ワンコも人と同じようにいろんな性格の子がいます。
それを知らずに可愛いからと言って簡単に飼う人がいます。
そんな人ほど「こんなはずじゃなかった」とさっさと捨ててしまいます。
ワンコも同じ家族だと思えばどんな子でも可愛いものなんだと気がついてほしいですね。

あやびっちゃさんのそらちゃんに対する姿勢にいつも感心しています。
立派なお母さんですよ(*^_^*)
そらちゃんは幸せですね!!

もっともっと幸せなワンコやニャンコが増えてくれるといいなあ・・・と思います。
お地蔵さん
2008/10/25 14:16
鈴母様
ワンコもニャンコも家族として迎え入れることができたなら、こんなに悲しいことはなくなるのかもしれませんね。
たいせつな家族の命は簡単に捨てたり殺めたりできないものですから・・・。
愛情ひとつで助かる命はたくさんあると思います。
お地蔵さん
2008/10/25 14:19
うめこぶちゃ様
恐るべし中国・・・。
食の問題に飽き足らず、今度はペットの整形ですか???
あきれてしまいますね。
動物はおもちゃじゃないです!!
みんな命があるんです!!
ワンコをパンダにって・・・。
すみません、怒りしか出てこないです。(-_-;)

・・・ここで一発、悪地蔵になります。

「こぅら〜!何がパンダじゃ〜〜!!何ケツさらしてんねん!!お前なんかプゥ〜じゃ!!」

・・・・・はあ、スッキリした・・。
お地蔵さん
2008/10/25 14:24
黒柴りくママ様
りくママさんの御家族はきちんと新しい家族としてりくたんを迎える準備をされていてとても嬉しく思います。
一方で簡単にワンコやニャンコを飼い、気に入らなければ簡単に捨ててしまう人達がいることの現実がとても悲しくやり切れません。
私も元太がいなければこうして皆さんとお話しできなかったと思います。
ワンコやニャンコがもたらしてくれるひとつの縁がもっとたくさん増えるといいですね。

レインウエア・・・ネーミング変えたほうがいいんじゃないか??(-_-;)
お地蔵さん
2008/10/25 14:32
ちゃちゃこ様
ほんとに、現実にはこんなワンコやニャンコたちがどれだけいることか・・。
テレビの中の話はほんの氷山の一角のことです。
今の私達にできることを真剣に考えて少しでもこういったワンコやニャンコたちの命が救えたら・・・と思います。

紙袋の中のワンコ・・・確かにジャックラッセルでしたね。私も思ってました。
あの子の淋しげな瞳、忘れられません。(;_;)
お地蔵さん
2008/10/25 14:37
かすみyo様
・・・・・マジですか??
良かった〜〜〜!!(;_;)
私、あの子のなんとも淋しげな悲しい瞳が忘れられなかったんですよ〜。
ほんとに早く新しい家族に出会えるといいですね。
ああ・・ほんとに良かった・・。(;∀;)
かすみさん、ありがとうございます。
お地蔵さん
2008/10/25 14:41
かざふ様
私も何度涙したことか・・。
命の重さ・・・もっとよく知ってほしいですね。
お地蔵さん
2008/10/25 14:43
Y様
今の世の中、ほんとおかしいですよね。
人の心がなんだかとても怖いです。
動物達の本当の優しさ、温かさを人は動物から教わるべきだと感じました。
お地蔵さん
2008/10/25 14:45
ちょろ様
ほんとにそうですね。
責任が持てないのなら最初から飼わなければいいのに・・って思いますね。

わ〜、半年後が楽しみですね。
ちょろさん御夫婦みたいな人達がたくさんいるといいのにな・・・。(*^_^*)
半年後、素敵な家族に出会えるといいですね。
お地蔵さん
2008/10/25 14:51

コメントする help

ニックネーム
本 文
命のカウント げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる