げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS まさかの手術(;_;)

<<   作成日時 : 2009/05/12 16:02   >>

驚いた ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0

あれは確か、先月の母ちゃんのお誕生日の頃だっただろうか、おいらの右の口の横にポツンと赤い吹き出物みたいなのができていた。

それはまだ小さくて痛くも痒くもなかったのだが、念のため、すー先生に診てもらった。

先生は「う〜〜〜〜ん、微妙なとこやなあ・・・このままもうしばらく様子見て、
     色が濃くなったり、大きくなったらまた連れてきてくれる?」と言うのでしばらく様子をみることになった。


・・・・・・しばらくして、赤いポツンは大きくなった・・・・(・ω・)


母ちゃんは今日、おいらを連れてすー先生のところへやって来た。

すー先生はおいらのポツンを見るなり 「ああ、これはすぐ取ったほうがいいな・・・」という事で、おいらはそのまま手術することになった。


・・・・・・・・・まさかの緊急手術である・・・・(;∀;)


切り取った組織はすぐ病理検査に出され、悪性の腫瘍か良性の腫瘍か確認することになった。

すー先生が言うには、おいらの場合アレルギーの薬を飲んでいて、その中に炎症を抑える薬が入っているにもかかわらず、ポツンが大きくなるのはおかしいぞ・・・と言うことらしい。

それにこのポツンが痛くも痒くもないのがまた、やっかいな物なのだそうだ。


・・・・・・・大きくなっても痛くも痒くもなかった・・・・(ーー;)


とにかく、顔や口にできる腫瘍はすぐ取ったほうがいいことは間違いなさそうだ。
そのまま放っておいたら、顔の形がくずれて大変なことになるって言ってた。


・・・・・・・そんなのやだ・・・・(;∀;)


と、ここまで説明を聞いていた母ちゃんの目からは今にも涙がこぼれそうだった。

すー先生はそんな母ちゃんを見て 「心配するな!俺が責任持って根こそぎ悪い物綺麗に取ってやるから!」と、とっても心強い言葉をかけてくれた。

その言葉を聞いた母ちゃんの目から、我慢していた涙がポロポロとこぼれ落ちた。


・・・・・ほんとに泣き虫な母ちゃんだ・・・(;_;)


おいらは、全身麻酔をかけてもらうため、先生に抱っこされて手術室へと向かった。


母ちゃんはおいらの事を思いながら病院を後にした。

病院を出るとき、最後にもう一度先生に 「先生、頼んだよ!」と涙でグチャグチャの顔でお願いした。

「おう、まかせとけ!」

先生はそう言って、おいらの待つ手術室へと入っていった。


母ちゃん、心配するな!おいらは大丈夫だから!

夕方の6時にお迎えにきてもらう時はいつものように元気いっぱいのおいらになってるよ!(#^.^#)




              口の横にできた赤いポツン。

画像



手術前のおいら。心配いらないよ!

画像





                初めての手術、緊張するね!

             心配症な母ちゃんに「大丈夫だよ!」のポチ♪を
             ひとつお願いします(^。^)

                  人気ブログランキングへ

                  にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ



             いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

           今日も御訪問くださりありがとうございました(*^_^*)






              

















テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 7
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
まさかの手術(;_;) げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる