げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 真実はひとつ

<<   作成日時 : 2009/06/08 14:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 19

・・・・たな卸しが終わったと思ったら今度は集計に飽きてしまった母ちゃんどす(・ω・)

嗚呼、いつになったらエクセル使いこなせるようになるんだろ・・・(;_;)
アナログばんざ〜〜〜〜い!!わはははははは〜〜〜〜(;∀;)




先日、「足利事件 菅家さん17年半ぶりに釈放」と言うニュースをやっていた。

この菅家さん、今から19年前に足利市であった少女殺害事件で、無実なのに当時のDNA鑑定で犯人と断定され、逮捕されてしまったというもの。

当時、菅家さんは無実を訴えていたにもかかわらず、警察の取調べでは取調べと言う名の拷問を受け、拷問の苦しみから逃れるためにやってもいないのに自分がやったとつい言ってしまったそうだ。

・・・・・なんてことだ・・・・・( ̄∀ ̄;)正直、笑えない・・・。

菅家さんは当時、取調べをした警察の人を決して許すことはないと言っている。

・・・そんなの当たり前だ・・・。

おいらがその立場なら同じことを思っていただろう。

たとえカツ丼を出されても、たとえ「タバコ吸うか?」と薦められても、おいらはそんなものに心奪われたりなんかしない。

・・・・・・違うかっ・・・( ̄ω ̄)


菅家さんはこの17年半、刑務所の中で何を思い、何を感じていたのだろう・・・。

おいらがもし、17年半も拘束されていたら・・・・赤ん坊だったおいらはじいちゃんになるまで刑務所の中にいたということになる。

下手をすれば刑務所の中で生涯を終えることになるではないかっ!

・・・・・・そんなのやだ・・・・(;_;)

今になって「間違いでした」と言って釈放されても、きっと浦島太郎状態になってるおいらは、カルチャーショックでいっぺんに自慢の赤毛がまっちろになることだろう。

それぐらい17年半と言う年月は長いものなのである。



「事実はひとつ 見方は無数」 と言う言葉がある。


この言葉のように物事にはいろんな見方がある。

ある一方からでしか物事を見なかったら、その物の本質は見えてこないのである。

人の心もいろんな方向から見ることでその人の本当の心の中も見えてくるものだとおいらは思う。

当時事件にかかわった警察の人も初めからそうだと決め付けないで、もっといろんな角度から事件のことを見れば真実が見えてきたかもしれない。


先頃、裁判員制度が導入され、全くの素人が人を裁く時代になった。

そんな時代だからこそ、おいら達は物事を見る目を養い、心の目で真実を見極めることができるようになっておくことが必要である。

人を裁くということは、とても重い責任があるということを忘れてはならない。


菅家さんの空白の17年半はもう戻ってこないのだ。



教訓 「冤罪」とはあってはならないものである。(・_・)




             今日のことば
画像




           目を閉じて心の目で見ると、きっと真実は
           見えてくる。

画像




            
             ほんとのこと、見えるといいな!

           目がとっても悪いけど、ほんとの事を見ようと
           いつも思っている母ちゃんに「ちゃんと見ろよ!」の
           ポチ♪をひとつお願いします(^。^)

               人気ブログランキングへ

               にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ



               いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

           今日も御訪問くださりありがとうございました(*^_^*)
            




             












テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
証拠の確かさをどう裁判員に伝えるのかな
足利事件では逮捕当時のDNA鑑定で犯人とされたとのことですが、最近の報道では、当 ...続きを見る
営業・情報・独り言
2009/06/08 14:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(19件)

内 容 ニックネーム/日時
最近、裁判期間がが長すぎるとか、時効の問題がありますが、このような冤罪事件があると裁判期間が短いのもどうかと思います。
もちろん菅家さん本人、そしてご親戚はどんなつらい日々だったんだろう!
そして、被害者家族の人も犯人が捕まってほんの少し区切りがついたと思いますが、他に犯人がいるとなって複雑な心境ですよね。
17年刑務所に入った時は大吾パパよりも若かったんだよね。お鮨を食べておいしかったとも言ってました。
大吾パパ
2009/06/08 14:41
17年半の間…想像が出来ませんが、希望を見出せていたのかしら…
今回釈放に至った経緯が解りませんが、なんとも言えない事柄でした。
自分にも決して無いことでは、ないだろうしね。。。
裁判員制度、いずれ回ってくるのかしら…
私は絵留が居るので、時間取れないって理由だめ?(笑)
だって、介護者を持つ家族って断れるのですよね?
りん子
2009/06/08 14:53
本当に17年間の時間はとてつもない重い時間だったと
思います!
釈放になっても絶対許せないです
日本の昔の取り調べは本当にテレビドラマ見たいな感じだったのが良く分かりました
この事件でこれからの取り調べが変わってくれると良いのですが・・・・
裁判員制度始りましたが本当に真実を見る目が必要ですね
でも裁判員にはなりたくないです、人を裁くのは難しいです
かざふおね
2009/06/08 20:26
17年半もの長きにわたって、冤罪のまま塀の中で過ごさなければならなかった菅谷さんの無念を思うと胸が痛みますね。だからこそ、開かれた取り調べの実現(ビデオ撮影等)を願っています。
裁判員制度の模擬裁判に参加したことがありますが、
こんれがなかなか分かりにくい。
用語も難しいし、証拠調べの過程もなかなか。
しかも、実際には凶悪犯罪を主に審議するというのですから、いきなりくじ引きで当たった裁判員は、面食らうことも多いのではないでしょうか。
子どもの頃から裁判という制度に慣れ親しむ必要性を
感じます。
警察の横暴は許されることではありませんが、
拷問まがいの取り調べは、徐々に減っているとも
聞きます。冤罪がこれ以上起こらないように、
警察や検察を市民が監視できる制度として、
裁判員制度が機能してくれると良いのですが。
(このあと続きます)
うらりー
URL
2009/06/08 22:04
(続きです)
裁判員制度が根付くまでにはかなりの時間が
必要かな〜とも思われますよね。
仕事を休むことが受け入れがたい社会ですし。
裁判員という重責に堪えがたいヒトも多いでしょうし。
実際に裁判員になっても、厳しい守秘義務が課されるために、その経験を活かすことも難しいですしね。
しばらく、試行錯誤が続くような気がしますが、
そんな試行錯誤の中で裁かれるのでは、被告の方も
たまった物ではない・・・ですよね。
冤罪のない、司法制度を心から願って止みません。

棚卸し、お疲れさまでした〜。
うらりー
URL
2009/06/08 22:05
罪のない人が、こんなに長い間、拘束されて、
本当に許せませんよね・・・

本当の犯人は、どんな心境なのでしょうね・・・
ろくな人生を歩んでないのだろうな・・・
みゆ
2009/06/09 06:50
エクセル‥少しは出来ますが苦手なんてもんじゃないです(´ω`)それ以前にアナログな頭をナンとかしないと(__;)

冤罪‥『何故認めた』とは言えない。
精神的に追い込むベテランを前に対抗する手立ては無かったと思う。
菅家さんのご家族も苦しかったでしょうね‥‥。
今までに、どれだけの冤罪が世に知らされぬままになっているかと考えると怖いです。
koko
2009/06/09 09:13
菅家さんも本当に大変なご苦労があったと思いますが 被害者のご家族は今更犯人ではなかったなんて・・・と言葉も出ないのでは?と思います。
真犯人だけが「しめしめ上手くいった」と17年間したたかに普通に生活していたのかなぁとゾッとしますね。
うっかり六助
2009/06/09 09:33
本当にあってはいけないことですよね。
人の人生に大きな穴を空ける判決を下した裁判官も警察官も
資格とか仕事の剥奪とか
何か罰を受ける制度でもあったらいいのに。
もちろん悪意があってこうなったわけじゃないでしょうし
無理な話しですけど
自分の人生もかかってるとなれば
間違いはおかせないって意識がもっと高まるんじゃないですかね。
17年は長いです。
かすみ
2009/06/09 09:45
大吾パパ様
ご本人はもちろん、そのご家族の方、被害者家族の方、みなさんがこの17年間苦しんでこられたことを思うと胸が締め付けられる思いがしますね。
冤罪・・・どんなに小さな事件であっても決してあってはならないことですね。
お地蔵さん
2009/06/09 10:35
りん子様
ほんとに、17年は長いですよね。
この空白の年月はもう二度と帰ってこないんですから、その心情を思うと言葉もないです。

裁判員制度・・難しいですね。
人が人を裁くことは簡単なものではありませんから・・。
私も怖いです。
お地蔵さん
2009/06/09 10:38
かざふおね様
警察の取調べって、今も昔もそう変わらないんじゃないかと思います。
私達が知らないだけで取調べってきっと耐え難い苦痛なんだと思います。それだけ菅家さんも精神的に追い込まれたんでしょうね・・悲しい現実です。

裁判員制度がなぜできたのか?
今の日本に必要だったのでしょうか?
未だに消えない疑問です。
でも、これで冤罪が少しでも減るなら・・・とも思います。
お地蔵さん
2009/06/09 10:43
うらりー様
ほんとに素人の一般市民が人を裁くこと自体に疑問を抱きます。
専門用語を並べられても意味が理解できなくて間違った判断をしてしまいそうですね。
それでも素人だからこそ、素直に心の目で物事を見ることもできるのかもしれません。
これで、少しでも冤罪と言うものがなくなればいいのですが・・・人を裁くことの重さを胸にこの制度について考えてみたいと思います。
お地蔵さん
2009/06/09 10:48
みゆ様
ほんとに真犯人は、この17年間どんな思いで過ごしてきたのでしょうか・・・人を犠牲にしてのうのうと生きてきたなんて・・・いつかきっと罰があたります。

お地蔵さん
2009/06/09 10:51
koko様
・・・私のこのアナログな頭もなんとかしたいです(;_;)

冤罪ほどバカらしいものはないですね。
こういうことが起きること自体、おかしなことです。
真実って一体どこにあるのでしょうか?
お地蔵さん
2009/06/09 10:54
うっかり六助様
まさにおっしゃるとおりです。
冤罪が多くの人の運命を狂わせてしまうという事実がほんとに怖いですね。
あってはならないことだと再認識させられた出来事でした。
お地蔵さん
2009/06/09 10:58
かすみ様
そうですよね。
「どうもすみません」では済まされないことですから。
間違った判断をされた人達にもっと罪の重さを知ってもらいたいですね。

本当に・・17年は長いです。
お地蔵さん
2009/06/09 11:00
本当に大変な思いをしてきたと思います。
そして、家族の方も辛い日々を過ごしてきたはず・・・
あってはならないこと。
これから、こんなことのないように・・・願います。


ここのところ。凹むことばかりが次から次から・・・涙
これは、試練と頑張るぞ!!
遊びに来れなかったりでごめんなさい。
でも、ずっと応援してるからね。

負けっか〜!!根性で頑張ります。
nao!
2009/06/09 14:35
nao!様
冤罪の犠牲になられた人達のことを思い、二度とこういうことのないように願いたいものですね!

いろいろ大変な時にお越しくださりありがとうございます。
少しでも元気が出ますように・・・私も応援しています。
頑張れ!!(*^。^*)
お地蔵さん
2009/06/09 14:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
真実はひとつ げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる