げんたのひとりごと

アクセスカウンタ

zoom RSS 呉のおばちゃん

<<   作成日時 : 2009/08/16 14:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 18

昨日はおいらのお誕生日のお祝いコメントをたくさん頂きましてありがとうございました!
おいらもますます元気でいられるように一日一日、大切に過ごして行きたいと思います(´・ω・`)



昨日は64回目の終戦記念日でもあった。

この先、どれだけ年月が流れてもおいら達は遠い昔に悲しい戦争があったことを決して忘れてはならない。



今はもう亡くなられたけど、母ちゃんの親類に 「呉のおばちゃん」 と呼んでいたおばちゃんがいた。

呉のおばちゃんは、京都のばあちゃんの母ちゃんの妹さんで、京都のばあちゃんにとったら叔母にあたる。

元々京都のばあちゃんは広島にいたという事を聞いたことがあり、この呉のおばちゃんも昔は広島の呉市と言う所に住んでいたそうだ。(だからずっと呉のおばちゃんと呼んでいたのだろう)

呉のおばちゃんには旦那さんと一人息子さんがいた。

でも、その一人息子さんは戦争のため、戦艦大和とともに尊い命を奪われてしまったそうだ。

戦艦大和に乗ったらもう二度と帰って来ないとわかっていながら、大切な一人息子を見送る時のおばちゃんの気持ちはいかばかりなものだったことか・・・おばちゃんに限らず、大切な息子を戦地へ見送るご家族の方々の気持ちを思うと胸が詰まる思いがする(;_;)

一度、母ちゃんは呉から京都へ移り住んでこられた呉のおばちゃんのお家で、その息子さんの遺影が飾られてあるのを見たことがある。

息子さんはまだ若く、白い海軍の制服がよく似合う、精悍な顔立ちをされていた。

呉のおばちゃんは当時の事を決して語ることはなかったけれど、おばちゃんの淋しそうな顔を見るたびに心の奥に眠る深い悲しみが伝わってくるような気がしたものだ。

そんな呉のおばちゃんは、語学に堪能で、当時は米兵の通訳をされていたと聞いたことがある。

そういえば、米兵とおばちゃんが一緒に並んでる写真を見せてもらったことがあった。


一人息子さんを戦争で亡くされ、旦那さんとともに広島から京都へ移り住まわれてからのおばちゃんは、夫婦二人でひっそりとした日々を過ごされ、晩年は夫婦揃って認知症になり、最後はお互いが夫婦だということさえもわからなくなっていたそうだ。

旦那さんが先に旅立たれた後、身寄りのないおばちゃんの面倒は京都のばあちゃんがずっと見ており、「やれるだけの事はしてあげたい」と京都のばあちゃんは言っていた。

そして、呉のおばちゃんは静かに最期を迎えられたそうだ。

母ちゃんはあまり呉のおばちゃんと親交があったわけではないけれど、おばちゃんの人生を思うと、淋しい人生を送られていたような気がしてならない。


もし、あの時戦争がなかったら・・・おばちゃんの人生も変わっていたに違いないだろう。

そして、もし、戦争がなかったら・・・今の日本はどうなっていただろうか・・・。


戦後生まれのおいら達は、本当の戦争の怖さや悲しみを知ることはできないが、「二度と戦争は起こさない」と言う強い意志を次の世代へと伝えていくことはできる。

時代がどれだけ変わっても、「戦争」と言う恐ろしい出来事があった事実だけは決して消し去る事はできないのだ。



今日、京都ではご先祖様の魂をお見送りする「五山の送り火」が催される。

赤々と燃える炎とともに思いを込めて、亡くなられた方々の魂をそっとお見送りいたします。

「世界が平和でありますように・・・二度と戦争が起こりませんように・・・」  合掌




             今日のことば
画像




           京都でのお決まりのお散歩コースである嵐山。
           「五山の送り火」がある日、ここで灯篭流しが
           厳かに執り行われる。

画像


画像



           いつも実家から嵐山まで片道30分かかっていたが
           いつの間にか20分で行けるようになっていた( ̄∀ ̄)

画像



           今年のお正月に帰省した時に撮った「五山の
           送り火」の一文字である「鳥居形」の文字。

           真っ赤な炎じゃないけれど雪で浮き出た白い文字。

画像





           今朝、ブロ友さんの ソフィママさん より
           お誕生日のお祝い電報が届きました!

           おおきにどす〜〜〜〜(●^o^●)

画像





            後世へと受け継がれてゆく思い大切に。


           昨日、おいしい餃子を食べようと注文したら
           2時間待たされた父ちゃん達に「お盆休み
           恐るべし!」のポチ♪をひとつお願いします(ーー;)

                 人気ブログランキングへ

                 にほんブログ村 その他日記ブログ ひとりごとへ



           いつもたくさんの応援ありがとうございます♪

          今日も御訪問くださりありがとうございました(*^_^*)





           只今、京都のおみやプレゼント企画
           開催中どす〜〜!

           どしどしご応募くださりませどす♪

           詳しくは コチラ♪ (*^_^*)



            






          











テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
わ〜、遅れちゃった〜
元太君、お誕生日おめでとう〜♪
プレゼントはないけど、モモママからの熱いチューを
( ̄ε ̄@)CHU−

あ〜、元太君、逃げたでしょ〜笑。
なになに?モモちゃんからのチューなら逃げないって?

呉のおばちゃん、どんなに辛かっただろうかと思います。
戦争さえなかったら、息子さんはどんなにか素晴らしい人生を歩むことができたか・・・
戦争は死んでいった人間だけではなく、その家族や周りの者をもどん底に突き落とします。
二度とこんなたくさんの悲劇が繰り返されないように、次世代に伝えて行くのが私たちの使命だと思います。
モモママ
2009/08/16 18:00
遅くなっちゃったけど、元太たん、誕生日おめでとう!
「世界が平和でありますように・・・二度と戦争が起こりませんように・・・」
私達は唯一の被爆国として、この悲劇が二度と起こらないように、語り継いでいく事が大切ですよね。
長くなるので、メールしますね!
黒柴りくママ
2009/08/16 20:49
この夏は会えるかしら??
と思いながら…
連絡を取れないままですいませんでした
でも、今回は早く帰省されたんですね〜

この週末は、戦争関連の番組が多く放送されました。
誰も自決なんてしたくなかっただろうし…
子供をいけにえにささげるなんてこと…
絶対に繰り返しちゃいけない過ちですね
CHUBBY-GANG
2009/08/16 21:20
戦争、簡単に始められるけどその被害は甚大じゃない
遺族の悲しみそんなことも関係なく戦争は進んで行く
戦争の後には悲しみしか残らないのに・・・
今でも世界のどこかで戦争が起こっている
大きな戦争では無いけどもそこには悲しみが必ずある
戦争に費やすエネルギー資金を恵まれない後進国の人たちにあげる事が出来ればどれだけ世界が平和になるのだろうか!
民族で分かりあえる平和な世界が来ますように!
かざふ
2009/08/16 22:00
今こうしている時も何処かで争いが起きていることを思うと哀しいです。
八月15日は忘れてはいけないし世界平和を祈りたいです。
Y
2009/08/17 08:48
ちょっと 遅れちゃったけど、
「元太くん、お誕生日ヽ(〃^-^)/★*☆オメデトー
ますます元気で、父ちゃん母ちゃんの癒し担当係、
お願いしますね〜
あゆた
2009/08/17 10:33
こんにちは^^
この時期には色んな場所で戦争について考えさせられます。
経験されたかたの言葉は重く・・・貴重な言葉の数々。。。
そんな言葉を聞いていて 残されたものは悲しみだけだったような気がしてなりません。
平和な日々が続きますようにって祈ります☆

お地蔵さんちにお邪魔すると ほんといつも考えさせられます。
素敵な場所ですね〜^^
さくらん
URL
2009/08/17 10:54
うちも一人息子なので、呉のおばちゃんのお気持ちを察すると胸が痛くなります。
身を裂かれるような辛さだったでしょうね・・。
一人息子に限らず、そのような辛い別れがたくさんたくさんあったのが戦争ですね。
そしてその悲しみは戦争が終わっても、終わるものではないのですよね。
真に平和な世界がやってきますように・・。
島かあさん
2009/08/17 12:16
モモママ様
・・・・( ̄∇ ̄;)・・・チュー、おおきにどす♪
モモちゃんからもチューあるんでっか?( ̄∀ ̄)
              by 元太

戦争が残したもの・・深い悲しみと深い傷跡ばかりです。戦争は人々から一瞬にして笑顔を奪い去りました。本当に、二度と起こしてはならない悲しい出来事ですね。
忘れてはならない大切な歴史です。
お地蔵さん
2009/08/17 12:47
黒柴りくママ様
おおきにどす♪ by 元太

誰もが思うこと・・「二度と戦争を起こしてはならない」ということです。

メールありがとうございました。(*^_^*)
お地蔵さん
2009/08/17 12:49
CHUBBY-GANG様
こちらこそ、急な帰省でしたのでご連絡もできずにすみませんでした(;_;)お仕事もされてるのでお会いするのは難しいかな?と思っておりました。
今度、冬に帰るときはお会いできるといいですね!

ただ一言 「二度と同じ過ちを繰り返してはいけない」と言うことですね。
戦争は大きな大きな過ちです。
お地蔵さん
2009/08/17 12:53
かざふ様
ほんとにそうですね。
核兵器や武器を作るお金があったらもっと別の事に役立ててほしいものです。
世界中で起こっている争いは一人ひとりがお互いに思いやりを持つことですべて解決できるような気もするのですが・・・。
憎しみや怒りからは何も生まれてきません。
お地蔵さん
2009/08/17 12:56
Y様
元太がこの日に生まれてきたことにも何か意味があるのではないかと感じてしまいます。
元太の成長とともに過去の悲しみが心に響きます。
決して忘れてはならない大切な日ですね。
お地蔵さん
2009/08/17 12:58
あゆた様
おおきにどす〜〜!!
これからも元気で平和を願って過ごせていけたら・・・と思ってますわ〜〜!
元太
2009/08/17 12:59
さくらん様
今では、次の世代へ語り継がれていく戦争体験者の方も少なくなってきています。
このまま戦争の怖さを知らない世界になっていかないようにできる限り私達も何か伝えていかなければいけないのだと思います。

ここで少しでもいろんな人がいろんな事を語れる場所であれば・・と思います。
ありがとうございます。
お地蔵さん
2009/08/17 13:03
島かあさん様
もし愛する人が今、戦地へ送り出されたら・・・そう思うと悲しみで胸が張り裂けそうになります。
深い深い悲しみは一生消えることはないのでしょうね。
私もただただ平和を願います。
お地蔵さん
2009/08/17 13:06
人間、勝手なもので先人の多くの犠牲を
忘れて暮らしている。
今の不自由ない暮らしは、多くの尊い・・・
うまく書けませんが、良い大学に入ることや
良い会社に入ることを教える前に、戦争の事を
伝えなくてはいけない・・・

でも、私はどうだろう。
40代の人間は、親の世代も戦争を
知らない。

こうして風化させてはいけない・・・
映画は、どうだろう
夏休みは、映画館、最高だし。

愛する王子様が戦争に・・・
なんて考えられない
これは、けして親ばかではありません。
みゆ
2009/08/18 08:52
みゆ様
どうしても時が流れれば流れるほど過去の出来事は忘れ去られていってしまいます。
でも、戦争と言う出来事だけは決して忘れてはいけません。
それが今の私達にできる使命だと思います。
多くの尊い命の身代わりにできることです。
お地蔵さん
2009/08/18 10:46

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
呉のおばちゃん げんたのひとりごと/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる